ネコと鳥とはなと。

日々の記録と時々お菓子作り、愛猫5匹との生活日記。

アサカシ。は「八天堂」

昨日のだんな様は超ハードスケジュールだったらしく
お土産を選ぶ時間が無かったらしい。
ちょっと、ションボリ
でも、これだけは買ってきた!
ってバックの底から定番の「八天堂」~~!


つぶれてる・・・。( ;∀;)


でも、ありがとね(#^.^#)
これ好き~~♪♪
一応今までにほぼ全種類食べたけど、
普通の生クリーム?カスタード?
この味が一番のお気に入り。

自分のお昼ご飯。

昨日の夜は帰宅の遅いダンナさまと行ける
数少ない外食スポット「かっぱ寿司」へ(^^)
元々生ものがあまり得意じゃない私たち、
マグロとか注文したことは無し。( 一一)


サラダロール、きす天、えび天、サラダ軍艦
赤貝、つぶ貝(最近貝が食べれるようになった)
〆に初めての注文、”白玉ぜんざい”。
いつもは〆に茶わん蒸しを頼むんだけど、
あの、底に沈んだ白身魚のぼそぼそ感が嫌で
いつも具の部分はダンナさまに食べてもらってた。
(自分的に茶碗蒸しは具無しでイイって思ってる。)


ダンナさまも似たり寄ったりのオーダー。
別に回転寿司屋さんじゃなくてもイイんだけど、
一度に量が食べれない私には調節が効いて
助かるんだよね~(*^-^*)


で、今日はダンナさまが東京出張で
起きるのが早かったから、
朝はダラダラとお菓子と紅茶で済ませて。


お昼も手抜きごはん。
・パスコの超熟に無塩バターとロミユニの塩キャラメルを。
・野菜ジュースには最近お気に入りの純りんご酢を入れて。






本当の友達って何人・・・。?③

どーしようもない友達。
まったく!とか、なんでよ!とか。


でも、このどーしようもなく相いれない人間を
サヨナラできない。


わたしが病気して、行ける時にじゃないと
行けなくなる!って、急に決めた
”グランドキャニオン”一週間。
彼女は無理して仕事を休み、
付き合ってくれた。
子供3人と旦那を置いて。


逆だったら自分はできたかなって思う。
彼女の口癖は「ハワイに行きたい」だ
なのに最初から最後まで自然満喫コースの
この旅に文句も言わなかった。


イロイロとお互いに年を取り
生活環境もぜんぜん違ってきて
考え方に違いが出てくる事は当たり前。


でも、なにかあった時やっぱり近くに居てくれる人がいる。
そんな事にやっぱり感謝。


なんだかんだ言ってもやっぱり彼女とは
これからも友達を続けて行くと思う。


写真は(玄関前に捨てられていたハチワレ猫のくー)
里親募集では一番人気だったのに結局人見知り&超びびりで
人前に出てこず…逃げ回り、もらい手が決まらず( ;∀;)。
これ以上室内飼いはムリだよと手術&耳カットして
外猫として世話するはずがやっぱりできず( 一一)
我が家の一員として超我が物顔で生活中。
彼はオシッコする時立ってするから毎回
トイレがびちょびちょ・・・。
(下は猫ちゃん4匹に対してトイレが4個。
本当は+1が望ましいらしいからそれが原因かな…)
喧嘩っ早くて臆病で( 一一)
でも超甘えん坊で。
やっぱり我が家の一員になってくれてホントに良かった!!
って思える子なんだよね~(#^.^#)


文才が無いから長々とまとまりない文を書いてしまった…。
失礼いたしました。"(-""-)"






自分のお昼ごはん・・・。

エアコンの効いた部屋で食べるカップラーメンって
最高!!ヾ(≧▽≦)ノ
ナンだか手抜きしてるような罪悪感があるから
たまにしか食べないけど、
やっぱり好き~~~!!!
この”どん兵衛”スープがピリ辛で食欲無い時イイかも。
でも、待ち時間5分って長い~~( 一一)
でもでもガマン!
あたし、どん兵衛のうどんは6分ぐらい放置して
麺がやわやわなのが好きなんだよね~♪

本物の友達って何人・・・?②


昨日この投稿をして、
自分でも何度も読み返し
当時の嫌な気分、怒り、むなしさ等々…
を思い出してきて・・・。


では、この前の続きを・・・


ノーテンキにブランドネームのある猫ならラッキーじゃん!
的な発想の彼女に
やっぱりか… って期待した自分もバカだったし、
ここで言っててもらちあかないし!って考えて。


「こんなに可愛くて人懐っこい子に出会えるなんて
めぐり合わせだよ!!」
「飼ってあげるんでしょ?」
って聞いた。
「え~~お金掛かるし、家傷つけられるじゃん」
だと、まぁこの答えは想定内。
「何言ってるの!」
「じゃあ、この子どうするの?」
「外でエサだけやるかなぁ~」
「はぁ~???!!」
こんな道路に面した庭で子猫を遊ばせるなんて
チョッと考えれば危険だってわかるだろ!!


「後から後悔したくないなら家に入れてあげなよ」
って言ったら彼女
「え~~それはムリ。」だと。
飼う気も無いのになんでご飯あげたの?なんて正論は
もちろん通用しかった・・・。
「じゃあ、ちゃんと室内飼いしてもらえる人探さないと!」
って、かなりキツめに言ったのに
「それももったいないじゃん」だと!!
この女~~!!


もう、何を言ってもムダだわ…
早急に里親探さなきゃ…
ってこの日は帰った。


次の日の夕方、彼女から電話が。
「なんか、この子後ろ足がダラ~ってしてて動かない」
「・・・」  遅かった。


後悔・・・。


なんで、連れて帰らなかったんだろう…


「とにかく、病院連れて行こう!」


「え~お金掛かるじゃん」
「じゃあどーすんのよ!」
渋る彼女とムリムリ子猫を車に乗せて病院へ。


2時間ほど待ってる間も、買い物行けない~やら、
まだ時間かかるなら、もう帰りたいやら・・・。
何やかや。


診察の結果おそらく車の前に飛び出して
シッポを轢かれて下半身につながる神経が切れてるとの事。
自力では排泄もままならないから毎日病院に連れて来てください。
って事に。
帰りの車の中で、なんと彼女は私にこう言った。
「ねえねえ、他にも猫飼ってるんだし、この子も面倒みてよ~」


言葉が出なかった。


写真はぷー子のお母ちゃんで”モップ”ちゃん。
初めてゴミ置き場で見かけた時は
ボロボロのモップに間違えたんだよね~
食欲旺盛、なのに、消化器官が弱く
毎日何回かご飯をリバースしちゃうんだよね( ;∀;)